サイト内検索

会員へのお知らせ

ご入会希望の方へ

医療安全研修会2016

保険薬局では、年2回以上医療安全についての研修を行い常日頃より安全な医療の向上に努めていますが、北海道薬剤師会室蘭支部としても例年開催している、医療安全研修を213日に開催しました。

今回の内容は、「薬局における臨床検査値の活用」です。北海道でも臨床検査値を付けた院外処方箋を発行する病院が増えつつありますが、室蘭支部地域でも検討している病院があります。そこで、今までも薬剤師は、投薬時に皆様といろいろなお話をしながらチェックをしていますが、更なるスキルアップを目指し、北大病院近くで、臨床検査値付き院外処方箋を応需している、あさみ薬局 主任薬剤師 坂田祐樹様をお招きして、実例紹介を盛り込みながら講演頂きました。

 

内容として一番多かったのは、腎機能低下に伴う減量です。普段処方箋を見るだけでは腎機能は解らないのですが、加齢に伴い又は薬物治療によって意外と低下をきたすものです。そのため、臨床検査値を薬剤師に見せることで過量投与の防止にも繋げれます。この他、肝機能や身長・体重をもとに計算した体表面積を知ることで、より良い薬物治療に繋げれることを紹介頂きました。質疑の時には多くの質問があり、当支部会員の意欲の高さを感じましたが、今後この臨床検査値を有効に活用し皆様の薬物治療における不利益(副作用等)を回避又は早期に発見するためには皆様が臨床検査値を提示していただけるかによります。ドクターが、見過ごしたときにチェックするのが薬剤師の仕事でもあります。保険薬局は医療機関として認定され病院と同じ機関になっていますので、ぜひ臨床検査値の提示にご協力下さい。