サイト内検索

会員へのお知らせ

ご入会希望の方へ

おくすり手帳を活用しよう

北海道薬剤師会室蘭支部では、お薬手帳の活用を呼びかけ、みなさまがお薬を適正に、そして安全に使用できるよう活動をしています。

上手に使おうおくすり手帳

 「おくすり手帳」は医師、歯科医師、薬剤師があなたの薬歴を知ることにより重複投与・相互作用を確認して、薬を安全・適正に処方、調剤し使用して頂くためのものです。

 通院の際や市販薬を購入する際にご提出下さい。


また、災害時や旅先での急病やケガなどでかかりつけの病院・歯科や薬局に行けない場合にも、あなたの薬歴がひとめで分かる「おくすり手帳」は治療に大変役に立ちます。

おくすり手帳の利用法

 「おくすり手帳」は医師、歯科医師、薬剤師があなたの薬歴を知ることにより重複投与・相互作用を確認して、薬を安全・適正に処方、調剤し使用して頂くためのものです。

 通院の際や市販薬を購入する際にご提出下さい。

 また、災害時や旅先での急病やケガなどでかかりつけの病院・歯科や薬局に行けない場合にも、あなたの薬歴がひとめで分かる「おくすり手帳」は治療に大変役に立ちます。

 お配りした「おくすり手帳」はご自身のお薬の管理にお役立て下さい。ただ、それだけの手帳ではありません。

複数の病院などから処方されたお薬や、街の薬局で購入したお薬などを同時に服用すると、相互作用(のみ合わせ)や薬のダブリ(重複)などにより思わぬ副作用を起こすことがあります。これを防ぐために「おくすり手帳」を使います。

 この手帳を病院や薬局を利用する際に提示ください。この手帳にあなたがのんでいるお薬を記録すると、以後医師は処方の際、薬剤師は調剤の際に、こうした重複や副作用を防ぐ為の重要な情報を入手できます。

 複数の病院を受診する時、また、薬局で薬を購入する時は、医師または薬剤師にこの手帳を提示して、新たに服用することになったお薬は、できるだけ記入していただいて下さい。

 院外処方せんによりお薬を受け取る時は、調剤した薬局に記入を依頼してください。

 

 この「おくすり手帳」は一人に一冊で、この一冊をどの医療機関や薬局でも使います。

 お薬手帳を何冊も持っている方は、利用している薬局で1冊にまとめてもらってください。病院や薬局ごとに手帳を作ると、服用している薬のチェックが出来なくなります。保険証などと一緒にいつでも一冊だけお使いください。

 ページが全て埋まれば新しい手帳を差し上げます。